本文へ移動

印刷ワンポイント知識

凸版印刷

シール印刷では、一台の機械で「印刷→ラミネート貼り→抜き加工→カストリ→カット」までの作業を行います。小ロットから大ロットまで、低コストでシール製作が可能です。

特徴

全作業工程を、一台の機械で行うので 低コスト・納期短縮の他、いろいろな素材の 用紙を使用することが可能です。
凸版印刷の特性上、細かな文字、色ベタ面積の大きいものや、色のかけあわせによる印刷には不向きです。

オフセット印刷

オフセット印刷は、平版(凹凸の無い版)を水と油がはじく原理を利用し印刷を行う方式で、カラー印刷(カタログ)・細かな線の印刷(地図)などに適しています。近年シール印刷の分野にも多く普及しつつあります

特徴

カラー印刷など色の再現に優れ、印刷速度も速く大量部数の印刷では低コストで製作が可能です。シール印刷でも高速化に進んではいますが機械の精度で平オフセットに比べると多少劣ります。
小ロット印刷や耐光性・耐久性が必要な印刷物には不向きです。

シルク印刷

シルク印刷は、版枠に網目の版を張り、網目からインクを通し印刷を行います。

特徴

インク量を厚く盛れるので、耐光性・耐久性に優れた紙だけでなく、成型品や曲面・凹凸面などにも印刷が可能です。
カラー印刷など、細かな印刷再現には不向きで、初期費用のシルク版費が高くなります。
TOPへ戻る